毎日読みたくなるような様々な記事を更新しています(#^^#)

残された時間はあとわずか。病院のベッドで最愛の犬と最期のひと時を過ごすことが叶った男性(アメリカ)

アメリカでの話だ。ある日激しい頭痛に襲われたて病院に運ばれた、33歳のライアン。検査の結果脳出血を起こしていたことが判明し、すぐに危篤状態に陥ってしまう。

医師の尽力もむなしく残された時間があとわずか。突如起きた悲しい出来事に家族は動揺を隠せない様子だった。

ライアンがこのような事態に陥ってしまったことをまだ知らない家族がいる。ライアンが愛してやまない最愛の犬、モリーだ。一番の大親友を残しこの世を去らなければならないライアン。それではあまりにも忍びないと、家族は病院側の協力を経て、モリーとライアンを会わせてあげることになった。
Heartbroken family brings Mollie to say final farewell to owner Ryan Jessen

ライアンとモリー、最期の別れ

致命的な脳室内出血を起こし横たわるライアン・ジェッセンと彼を見つめる愛犬モリー。この動画を撮影し、Facebookに投稿したのは彼の姉ミシェルである。

1

わずか33歳で最期の時を迎える彼をモリーと一緒に見守る家族

2

ライアンがもう二度と家に帰らないということをモリーに教える時間でもあった。ライアンは本当にモリーのことが大好きだったのだ。

5

image credit: Michelle Jessen/Facebook

ふと動きだすモリー

3

そしてお別れの時間が終わる

4

ミシェルの投稿は多くの反響があった。大勢の人々が涙し、ライアンとモリーの悲しい別離を惜しんだ。彼女はライアンの脳出血の原因について、医師から高血圧によるものと告げられたことや、彼が頻繁に飲んでいたエナジードリンクが影響した可能性があることを伝えた。

彼女は、彼らの別離を悲しみ、暖かい言葉をかけてくれた人々に感謝の言葉を述べた。モリーを心配する人々の声に、家族の皆でちゃんと世話をしていると答えた。

ライアンの命は別の少年へと引き継がれていった

だがライアンの物語にはまだ先がある。

ライアンは死後、自らの臓器を提供する希望を出していたのだ。そして彼の心臓はクリスマスまでに移植を望んでいた17歳の少年に渡されることがわかった。

姉のミシェルは、ライアンを失うのはとても悲しいが、彼の心臓で少年が元気に生き続けることができたらとてもうれしいという。

ライアンから受け継がれた心臓で元気になった少年と、犬のモリーが出会ったらどうなるのだろう?不思議な運命を感じひきつけられていくのだろうか?

↡↡↡↡↡↡↡↡↡↡
記事続きを表示させるには
下記ボタン全てにチェックをしてから
下へスクロールしてね
☝☝☝☝☝☝☝☝☝☝

------------------------------------
------------------------------------



また最下段には
♡スケベなエッチな♡
投稿沢山あります♡
パコりまくりです(笑)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿