毎日読みたくなるような様々な記事を更新しています(#^^#)

【超閲覧注意!】地獄の方がマシなレベル・・・もっとも残酷な古代の拷問方法「スカフィズム」

人間が人間を殺したり拷問したりする事実は、いつもショッキングで忌まわしいが、もっとも背筋がぞっとするのは、人間がそのプロセスを考え出しているときだろう。

これほどまでに残酷になれる生き物が他にいるのだろうかというぐらい、他人に地獄の苦しみを与えるための最悪の方法を、あの手この手を尽くして、これでもかというくらい頭を絞って考え出してきた。

世界のどの文化でも、どの大陸でも、他人を悲惨な方法で死に至らしめるおぞましい方法を考え出してきたのが人間というものの現状なのだ。

その中でも最も恐ろしい拷問(処刑方法)とされているのが、古代に行われていた「スカフィズム」だ。
スカフィズム(Scaphism、別名the boats)を考え出したのはペルシャ人、犠牲になったのはたいていギリシア人だったと言われている。

スカフィズムの手順

1 (2)_e

哀れなターゲットを二艘の木のカヌー(あるいは木の幹をくりぬいたもの)の中に、頭と手足が外に出るようにしっかりくくりつける。

基本的な形は、一艘をもう一艘の上にかぶせて犠牲者を棺桶の中に納めるような形にする。それから、犠牲者にハチミツやミルクを大量に与えて下痢を起こさせ、さらに外に出ている顔や手足の皮膚にハチミツを塗りたくって、淀んだ汚い池、または炎天下にそのまま放置する。

2_e13

犠牲者がくくりつけられている木の中はたちまち排泄物でいっぱいになり、甘いにおいと汚物に引き寄せられてやってきたハエや昆虫が卵を産みつけ、孵化した幼虫が犠牲者の肉を突き破って貪り食う。体内をうごめくイモムシが血流を妨げるため、壊疽が広がる。

000

犠牲者には、毎日ハチミツやミルクが与えられるため、飢餓や脱水症状で死ぬことすらできない。死はゆっくりと時間をかけてやってくるため、生きながら、虫やネズミに体の肉を食われる地獄を味あわなくてはならない。

数日後には妄想に苦しみ、うわ言を言うようになり、敗血症ショックのため、ついに死が訪れる(運が良ければ脱水症状で死ねる)。基本的に、体の内からも外からも食われて死ぬのだ。

Scaphismの手順についての記述がある。

一艘のボートの上にもう一艘のボートをかぶせ、犠牲者の頭と手足だけが外に出るように穴をあけておく。その中に犠牲者を仰向けに寝かせて、ボート同士をしっかりと括りつける。

ミルクとハチミツを無理やり犠牲者の口に流し込み、さらに外に出ている顔や足、腕に塗りたくる。そして、炎天下の中、あるいは汚い池に浮かべて放置する。ミルクとハチミツを与えて塗りたくる行為を毎日続けると、甘いにおいに惹かれてハエやスズメバチやミツバチなどがやってきて、顔や腕などむき出しになっている部分を覆い尽くす。

犠牲者は刺されて、苦しみにあえぐ。さらに、大量のミルクやハチミツで腹をくだしているため、水状の排泄物を垂れ流し、そこにも虫がうじゃうじゃ群がる。

犠牲者はボートの中で身動きできないまま、自分の汚物の中で体の肉が腐ってこそげ、虫の大群に食い尽くされていき、じわじわと緩慢な恐ろしい死を迎える

 

約17日間もだえ苦しむ、簡単に死ぬことはできない

処刑人によって予想以上に死は引き伸ばされ、簡単には死ぬことができない。有名なペルシャの兵士ミトリダテスはこの方法で処刑された。

伝説によると、死ぬまでに17日かかったという。犠牲者が死ぬと、木の拷問室が開けられ、遺体が取り出される。そのにおいたるや、想像を絶するものだろう。下痢の汚物づけになり、沼の中で虫に半分食われて腐った遺体のにおいなど想像もつかない。

4 (2)_e

↡↡↡↡↡↡↡↡↡↡
記事続きを表示させるには
下記ボタン全てにチェックをしてから
下へスクロールしてね
☝☝☝☝☝☝☝☝☝☝

------------------------------------
------------------------------------



また最下段には
♡スケベなエッチな♡
投稿沢山あります♡
パコりまくりです(笑)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿