毎日読みたくなるような様々な記事を更新しています(#^^#)

悪魔と取引をしたと言われている13人

悪魔との取引や契約が意味するものはただ1つ、悪魔が契約相手の魂を所有するということだ。ファウストの伝説は悪魔との取引がもたらす苦難を示す格好の事例で数々の作品の題材になっている。最近のおすすめはヤマザキコレ先生のマンガ、フラウ・ファウストだ。

他にもキリスト教圏の言い伝えには、悪魔と契約を結んだ魔女や、サタンに誓約する人物などが登場する。その見返りは、若さ、権力、富、知識など様々である。

悪魔との契約にまつわる言い伝えは、古代の聖職者にまで遡ることができる。いずれも、サタンと盟約を結んだおかげで死や悲劇に見舞われるという、それを戒めるような内容だ。聖テオフィルスは聖母マリアの名の下悔い改め、断食をすることで許しを請うたが、闇の存在から解放されることはなかった。

ここでは、その抜きんでた才能ゆえ、あるいは恨み、好奇心など様々な理由から、悪魔と取引をしたと思われていた13人を紹介しよう。

13. ニコロ・パガニーニ

1_e1

イタリアのヴァイオリニスト・ギタリスト・作曲家であり、ヴァイオリン奏法の近代的な技術を確立する上で足跡を残した人物。父親は貿易商の仕事に失敗して、マンドリンの演奏で糧を得ていた。

パガニーニは5歳のときに父のマンドリンを弾き始め、たちまち才能を発揮。何人もの高名なヴァイオリニストの下で学ぶが、すぐに追い越し、次の師を探すということを繰り返した。その技巧は悪魔的とも言われ、1秒間で12音符を弾くことができたという逸話や、ステージで激しく体を揺らしながら弾いたという逸話が伝わっている。

あまりの才能ゆえに悪魔と取引をしたという噂が広まり、梅毒・結核・水銀中毒といった様々な病苦に見舞われも、それが悪魔との契約故だと周りの人に思われていた。それでも57歳まで生き、最後は内出血で死んだ。

12. アントン・ラヴェイ

2_e1

悪魔教会の開祖。その教義において、サタンは存在しないとされているが、信者にはサタンの如く生きよと説く。

彼らが解釈するサタンはディオニソスのような感じで、抑制を取り払い、幻想に耽ることを宗とする。サタンが実在すれば、彼のお気に入りとなったことだろう。

1966年4月30日、サンフランシスコで古代の処刑人の習わしに従い剃髪を行い、悪魔教会の設立を宣言。剃髪については賭けに負けたことが原因という説もある。ちなみに自称司祭長は洗礼式を受けていたが、1997年10月29日にサタンの名の下に埋葬された。

11. アダナのテオフィルス

3_e0

言い伝えでは、アダナのテオフィルスは全会一致で司祭に選任されるが、謙虚さからこれを辞した。しかし代わりに司祭となった者は不当にテオフィルスから助祭長の座を奪い、彼に後悔と復讐の念を芽生えさせるに至った。

テオフィルスは黒魔術師の手を借り、キリストと聖母マリアを捨て、サタンと血の契約を結ぶ。こうして司祭の座を自らのものにした。

後に悔い改めた彼は計70日間の断食を行い、姿を現した聖母マリアから許しを得ることができた。しかしサタンはそうやすやすと彼を手放しはしなかった。

許しを得てからわずか3日後、テオフィルスが目を覚ますと、胸の上に自らのサイン入りの契約書が置かれているのを見つけた。死の直前、彼は司祭に悪魔との契約を告白し、解放されることを望んだという。

10 ジル・ド・レ

4_e0

フランス元帥であり、かのジャンヌ・ダルクと戦った救国の英雄である。父方の祖父によって育てられ、やがてブルターニュ公に気に入られ、宮廷入りを果たす。

ジャンヌ・ダルクと協力し、戦争の終結に貢献した救国の英雄と呼ばれるが、パリ包囲戦を最後に彼女と別れてからは生活が荒み、錬金術に耽溺するようになる。

錬金術や悪魔召喚術を知る者を探すために使者を出すほどだったド・レは、魔術の文献を参考にバロンという悪魔の召喚を試みる。契約の代償として財産を支払うつもりでいたが、どうしても召喚を成功させいた彼は、子供の体の一部まで供物として捧げることにした。そう、ド・レは本物の悪魔、稀代の連続殺人鬼であったのだ。

↡↡↡↡↡↡↡↡↡↡
記事続きを表示させるには
下記ボタン全てにチェックをしてから
下へスクロールしてね
☝☝☝☝☝☝☝☝☝☝

------------------------------------
------------------------------------



また最下段には
♡スケベなエッチな♡
投稿沢山あります♡
パコりまくりです(笑)
ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿