毎日読みたくなるような様々な記事を更新しています(#^^#)

和歌山カレー事件・林真須美の子供の現在がヤバすぎる・・・

【和歌山カレー事件】あだ名は「ポイズン」 両親逮捕で一変した生活…長男が語った壮絶人生

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493190198/

1: 2017/04/26(水) 16:03:18.13 ID:CAP_USER9

「人間として最底辺まで落ちた」。関西地方の男性(29)はこの19年近く、殺人犯あるいは死刑囚の息子という重い十字架を背負って人生を歩んできた。

男性の母親は、平成10(1998)年に発生した「和歌山毒物カレー事件」の犯人として逮捕され、殺人罪などで死刑判決が確定した林真須美死刑囚(55)、その人だ。

地域の夏祭りで出されたカレーを食べた住民4人が死亡、63人が急性ヒ素中毒になった凶悪犯罪は、事件そのものの衝撃はもちろん、テレビインタビューに冗舌に応じたり、自宅前で待ち構える報道陣にホースで水をかけたりした林死刑囚の強烈なキャラクターと相まってメディアを席巻。ワイドショーが林死刑囚の一挙手一投足を追い続ける「カレー狂想曲」が繰り広げられた。間もなく林死刑囚は逮捕されるが、当時から一貫して無実を主張している。カレーにヒ素を混入したのは本当に母なのか。そんな葛藤に苦しみ続ける長男が、これまでの壮絶な歳月を振り返った。

<札束で積み木遊び>
金庫の中に保管された数億円の札束、アクセサリー、腕時計など貴金属類、それに「ニンテンドー64」や「セガサターン」といった複数のゲーム機器…。カレー事件前、和歌山市園部地区の林家には、大金やぜいたくな品々があふれかえっていた。「おもちゃでも何でも、欲しい物は百貨店の外商で買ってもらえた。ふざけて札束を積み木のようにして遊ぶこともあった」。長男は通常とはかけ離れた幼少期の“異様”な暮らしぶりをこう打ち明けた。 収入のからくりは両親が繰り返してきた保険金詐欺だ。父親(71)は以前、シロアリ駆除の仕事をしていたことから薬剤の知識があり、昭和63年ごろ、自らヒ素を口にして2億円もの保険金を受領。その後も元保険外交員だった林死刑囚とともに、詐欺を繰り返したとされる。金庫には多いときで5億円近くが保管されていたといい、長男は「今思うと、両親はお金にとりつかれていたのかもしれない」と話す。

<「ママがやったん?」>
そんな破天荒な暮らしは小学4年の夏に発生したカレー事件とともに一変していく。現場の園部地区には、一般マスコミだけでなく、ワイドショーのクルーなども張り付き、前代未聞の凶悪犯罪を引き起こした犯人像を追う報道合戦が繰り広げられた。大勢の記者やカメラマンが大挙して押し寄せた当初の様子を、「不謹慎だが、お祭り騒ぎのようだった」と振り返る長男。

だが、1カ月が過ぎたころから次第に報道陣は林家を集中的に取材するようになり、幼心に自分の家が疑われるのを感じていた。長男も各社の記者から両親の様子について探りを入れられるようになったという。このころから、林家では毎夜、「本当はどうなんな(どうなんだ)」とカレー事件への関与を問いただす父親と林死刑囚の口論が繰り返された。「ママがやったん?」。長男も、こう母親に問いかけたことがあったという。「やるはずがない」。ぴしゃりと否定されたが、結局、事件から約2カ月後、両親は保険金詐欺容疑で和歌山県警に逮捕された。当日は長男の小学校の運動会。前日に、来てくれるかどうかを尋ねる長男に、林死刑囚が「絶対行ってあげる」と応じたのが、逮捕前の最後の会話だったという。

<いじめで乾燥剤入りのカレー> (中略)
林死刑囚は同年12月、カレー事件に関与したとして殺人などの容疑で再逮捕。殺人犯の息子という重い十字架を背負うことになった長男を待っていたのは、預けられた養護施設でのいじめだった。同じ施設に入所していた少年らから日常的な暴力を受けたといい、顔に傷ができれば職員らにいじめが発覚することから主に体を狙われ、生傷が絶えなかった。「ポイズン(毒)」。いじめを受けていた少年らからこんなあだ名で呼ばれることもあったという。給食のカレーに乾燥剤を入れられ、気付かずに食べておう吐したことも。 何不自由なく暮らしてきた自分の身に、なぜこのようなことが起きているのか、信じられなかった。

配信 2017.4.26 05:30更新
産経ニュース 全文はソース先で
http://www.sankei.com/west/news/170426/wst1704260003-n1.html

和歌山毒物カレー事件(わかやまどくぶつカレーじけん)は、1998年7月25日夕方、和歌山県和歌山市の園部地区で行われた夏祭りにおいて、提供されたカレーに毒物が混入された事件である。主婦の林眞須美が犯人として逮捕され、2009年5月18日には最高裁判所にて死刑が確定したが無実を訴え再審請求中。
13_2-300x202

1998年7月25日に園部地区で行われた夏祭りで、カレーを食べた67人が腹痛や吐き気などを訴えて病院に搬送され、4人(64歳男性、54歳男性、16歳女性、10歳男児)が死亡した。
当初保健所は食中毒によるものと判断したが、和歌山県警は吐瀉物を検査し、青酸の反応が出たことから青酸中毒によるものと判断。しかし、症状が青酸中毒と合致しないという指摘を受け、警察庁の科学警察研究所が改めて調査して亜ヒ酸の混入が判明した。
1998年10月4日、知人男性に対する殺人未遂と保険金詐欺の容疑で主婦・林眞須美(はやし ますみ、1961年7月22日 – )が逮捕された。さらに12月9日には、カレーへの亜ヒ酸の混入による殺人と殺人未遂の容疑で再逮捕された。
fsebmBOahhJ6eiS_23907

1審において被告人が完全黙秘を行い、メディアがこれについて批判的な報道を行ったため、1審の判決文において黙秘権の意義に関し、専らメディア向けとみられる一般的な判示がなされるなど、刑事裁判の在り方の点から見ても特異な事件となった。
最高裁では、犯行に使われたものと同一の特徴を持つヒ素が被告の自宅等から発見されたこと、被告人の頭髪から高濃度ヒ素が検出されたことなどから「被告が犯人であることは合理的な疑いを差し挟む余地がない程度に証明されている」とし、弁護側が主張した「被告人には動機がない」との主張に対しては、「動機が解明されていないことは、被告が犯人であるという認定を左右しない」と退けた。
20021211_035B15D

2016年現在、眞須美は大阪拘置所に収監されており再審請求中。2014年3月、眞須美は支援者の釜ヶ崎地域合同労働組合委員長・北大阪合同労働組合執行委員長稲垣浩と養子縁組している

wiki

 

13: 2017/04/26(水) 16:06:11.61 ID:DvaZb4Fk0
>>1
話してるのが事実かどうか証明しようがないからなぁ

作り話に興味わかないわ

 

196: 2017/04/26(水) 16:32:30.44 ID:5xHps9XK0
>>13
割りと最近テレビでしゃべってたよ

 

4: 2017/04/26(水) 16:04:08.80 ID:YzuuvkcqO
近所でヒソヒソされたんやろな

 

16: 2017/04/26(水) 16:06:32.85 ID:o2Fqa7VH0
カレー食ってたら、お前よくカレーなんか食えるなと茶化されそう

 

33: 2017/04/26(水) 16:09:34.35 ID:YzuuvkcqO
>>16
茶化すちゃうやん
当て擦られる
やろ
59: 2017/04/26(水) 16:13:48.15 ID:ac0nvvNV0
カレー事件以前に、保険金詐欺繰り返すとか人として終わってる

 

32: 2017/04/26(水) 16:09:31.20 ID:RMIhjlH50
カレーにヒ素を入れたって
一銭にもならんのにやるかね?

 

107: 2017/04/26(水) 16:20:23.83 ID:OD+HNIyE0
> >>32
地域から疎外され、影ではこそこそ悪口を言っている。それでは、こいつらも殺してやれと一瞬思い、行動した。自分たちが作ったカレーなのに家族には食べることを禁じた。

 

89: 2017/04/26(水) 16:18:37.35 ID:QYniJJJg0
偽善かもしれないが気の毒だ
「家族だから、母を信じたい思いがある。何度も葛藤を繰り返している」
親が否定している以上、信じたいなら信じても良いと思う。

C8JZvWaUwAA7urG

103: 2017/04/26(水) 16:20:10.78 ID:ac0nvvNV0
>>89
それは本人の自由だからね

 

105: 2017/04/26(水) 16:20:19.00 ID:q8pqw24a0
親父のケンジがテレビのインタビューで
ガハハ笑いで保険金詐欺したという話をしてたからな。
そういう一家なんだろう。

↡↡↡↡↡↡↡↡↡↡
記事続きを表示させるには
下記ボタン全てにチェックをしてから
下へスクロールしてね
☝☝☝☝☝☝☝☝☝☝

------------------------------------
------------------------------------



また最下段には
♡スケベなエッチな♡
投稿沢山あります♡
パコりまくりです(笑)
ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿