毎日読みたくなるような様々な記事を更新しています(#^^#)

世界最強の特殊部隊ベスト10

テロリストの攻撃から国民を守るには、高度に訓練され、国に命を捧げる覚悟のある精鋭中の精鋭がいなければならない。

それは架空の世界の『ジャスティス・リーグ』や『アベンジャーズ』のことではない。脅威に対抗する力を備えた特殊部隊のことだ。

高まるテロの脅威から単なる警察や軍隊以上の集団が必要とされていた。多くの国家が導き出したそれに対する答えが特殊部隊であった。

ほとんどの特殊部隊は機密扱いであり、詳しいことは不明である。分かっていることは、そこに所属する者たちは肉体的にも、精神的にもあらゆる事態に対応するべく鍛えられている超エリートだということだ。以下では世界で最も強力な特殊部隊を紹介しよう。

10. 反恐作戦分隊(台湾)

1_e8

2013年に台湾政府が公開した特殊部隊のユニフォームは衝撃的だった。頭のてっぺんから爪先まで全身黒づくめである。

見た目が与える威圧感はさることながら、機能面でも優れている。特徴的なマスクはケブラー製の防弾仕様で、脅威レベル11と評価される。つまり.357マグナム弾すら防ぐということだ。顔全体を覆えるために、敵がヘッドショットを決めるつもりなら、狭い目の開口部を狙うしかない。

9. サイェレット・マトカル(イスラエル)

2_e7

イスラエル国防軍に所属。主要な任務はフィールドでの諜報活動と敵戦線の奥深くにまで潜入する偵察だ。

いずれも国内の対テロ戦を念頭に置いたものだ。隊員は身体能力はもちろんのこと、知性においてもきわめて優れた者たちばかり。

どちらも国内での対テロ作戦に不可欠な能力である。入隊が認められると、兵士は18~19ヶ月の訓練を受けることになる。その内容は、基礎歩兵訓練4ヶ月、上級歩兵訓練2ヶ月、パラシュート訓練3週間、対テロ作戦訓練5ヶ月、残りは偵察任務の訓練だ。

8. 国家憲兵隊治安介入部隊(フランス)

3_e7

フランスの特殊部隊は国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)と呼ばれている。モットーは「人命を守るために」で、国民を救うためならいかなる危険も厭わない。

創設されたのは、イスラエルのオリンピック選手11名が人質にとられて殺害された1972年のミュンヘンオリンピック事件発生後の1974年のこと。入隊するには、1週間の予備選抜試験をパスした後、実戦を想定した14ヶ月の訓練コースを受けねばならない。晴れて入隊が認められるのは、候補者のわずか7、8パーセントのみである。

7. フロッグマン中隊(デンマーク)

4_e7

1957年創設のフロッグマン中隊はデンマークの精鋭特殊部隊である。特に水中での活動を得意としており、それゆえにフロッグマンと名付けられている。

無論、陸上でも危険な存在であるが、シージャックのような状況ではきわめて優れた対応能力を誇る。

創設以来、訓練を終えて無事入隊できた者は300名を超える程度でしかない。9ヶ月の訓練過程では水中での作戦遂行能力を厳格に見定められる。最後まで訓練を完了できる者はほんの一握りだけだ。

↡↡↡↡↡↡↡↡↡↡
記事続きを表示させるには
下記ボタン全てにチェックをしてから
下へスクロールしてね
☝☝☝☝☝☝☝☝☝☝

------------------------------------
------------------------------------



また最下段には
♡スケベなエッチな♡
投稿沢山あります♡
パコりまくりです(笑)
ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿