毎日読みたくなるような様々な記事を更新しています(#^^#)

【ノンフィクション】 手荷物検査で若い美人空港職員にバブイが見つかった→しかしその後、セッスクする流れに発展・・・

私は、出張に乗じて、取引先のセフレに会って 使うために、バイブレーターを バックの中に入れていたのである。 「えーっと、それはですね~・・・」と私。 見れば分かると思うのだが。 いままで、持ち込んで 止められたことはなかった。 別に危険物でないし、法律違反のものでもない。 機内持ち込み禁止品ではない。 変な目で見られたことはあったが・・・。 バイブレータを知らないのだろうか。 ここは、ひとつ、説明しなければなるまい。 私は、彼女の耳元に口を近づけると、小声で、 「それは、セックスするときに、 女性の膣やお尻の穴に入れたり出したりして楽しむものなんですよ。 バイブレーターっていうんだけど、 聞いたことない? 君くらいの年齢の娘なら、 使っている娘も多いんじゃない? 別に危険なものでないよ。 こんど、友達に聞いてみたら?」 と丁寧に説明した。
すると彼女、色白の顔を気の毒なくらい 真っ赤にして、 「危険なものでないなら、 このまま持ち込んでいいです」 とうつむきながら言い、 「でも、友達にそんなこときけません・・・」 と恥ずかしい様子。 私は、 「3日後に出張から帰ってくるから、 そのとき、食事でもしながら 教えてあげましょうか」 と冗談っぽく明るく言い、 携帯の番号を渡しておいた。 さて、出張から帰ってくると、 彼女から連絡があり、食事することに。 彼女は24歳で、大学卒業後、 スチワーデスになりたかったが、 あまりの難関にそれもかなわず、 なるたけ飛行機の近くで働きたいと、 この職業を選んだらしい。 どうりで、結構美形なわけである。
全○空ホテルのフランス料理を、 優雅な雰囲気で食べ、ワインを飲んでいると、 彼女も相当打ち解けてきたらしく、 「初めては18歳」とか、 「いままで5人」とか、 「一度付き合うと結構長くて、いろいろされたが、 あんな道具使った人居なかった。 検査のときはびっくりしたけど、 本当はちょっと興味ある。」などと、さすが最近の若い女性らしく、 ぶっちゃけた話をしてくれました。 こうなると、話は早い。 「部屋とってあるから行こうよ。 飛行機見えて綺麗だよ。 部屋で使い方教えてあげるから」 というと、素直についてきた。 部屋に入って、ドアを閉め、 ドアの内側の廊下のところで彼女を抱きしめた。 そして、彼女の手を壁につかせ、 私のほうにお尻を向けるような格好にさせた。

↡↡↡↡↡↡↡↡↡↡
記事続きを表示させるには
下記ボタン全てにチェックをしてから
下へスクロールしてね
☝☝☝☝☝☝☝☝☝☝

------------------------------------
------------------------------------



また最下段には
♡スケベなエッチな♡
投稿沢山あります♡
パコりまくりです(笑)
ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿