毎日読みたくなるような様々な記事を更新しています(#^^#)

【近親相姦】母親から「小さな売春婦」と呼ばれた少女 ― 8歳の時から父と兄にレイプされ続けた壮絶人生とは?

英国のストーク=オン=トレントは陶器産業で栄えた土地で、有名なウェッジウッドやミントンの陶器はここで生まれた。モーリン・ウッドさんはそのストーク=オン=トレントで産まれ育ち、現在45歳で5人の子どもを持つ母親である。しかし彼女には長い間、人に言えなかった辛い過去があったのだ――。
■実兄に続いて継父も娘をレイプ虐待のはじまり

モーリンさんの生涯は初めから困難に満ちていた。彼女が3歳の時に両親が離婚、彼女と6歳上の兄は養護施設に預けられた。4年後、彼女が7歳の時に母親はジョン・ウッドという男と再婚し、彼女と兄を施設から引き取った。

そしてモーリンさんが8歳の時に“それ”がはじまった。兄がモーリンさんをレイプしたのだ。彼女はそのことを誰にも打ち明けられずにいたが、ある日継父が一部始終を目撃した。モーリンさんは「私は恥ずかしさでいっぱいでしたが、同時にほっとしました。継父が兄を止めてくれると思ったからです」という。しかし、あろうことか継父は何もいわず、1週間後にはモーリンを兄と同じくレイプしはじめたのだ。

モーリンさんはこう語る。「次に私は、母に望みを託していました。きっと母が助けてくれると思ったのです」。母はしばらくすると、夫と息子が娘を性的虐待をしていることに気づいた。しかし母親はモーリンさんを助けるどころか「小さな売春婦」と呼んで蔑んだという。そしてあろうことか、夫が彼女をレイプするのを手伝いはじめたのだ。

モーリンさんは続ける。「本当に世界の終わりのように感じました。全員が私の敵で、私には逃げ場がないのです」。

rapedeight1.JPG
モーリン・ウッドさん 「Daily Mail」より

モーリンさんは「このことを誰かに話せば家族は離散し、私はまた養護施設に行かされる。そして誰もお前のいうことなんて信じない」と脅されていたという。母親と継父は長年、表の顔では地域の社交クラブでボランティアをしており、周囲の尊敬を集めている人物でもあったのだ。

 

近親相姦による妊娠と出産

そして13歳の時、モーリンさんは妊娠に気づく。母親は中絶させようとしたが、時すでに遅かった。そしてモーリンさんが産んだ男児はクリストファーと名付けられた。望んだ妊娠ではなかったし、モーリンさんはまだ13歳だったが、すぐさま赤ちゃんへの愛情でいっぱいになったという。

しかし不幸なことに赤ちゃんは生後1カ月も経たないうちに、「乳児突然死症」で亡くなってしまった。モーリンさんの悲しみは深かった。モーリンさんにとって初めての愛の対象がこの男の子だったのだ。また妊娠中、性的虐待は止み、初めて安らぎを感じたと話す。しかし赤ちゃんが亡くなってすぐ、継父はまたモーリンさんをレイプしはじめた。

 

■よみがえる悪夢

その後モーリンさんは学校を卒業。16歳で働きはじめたが、継父からのレイプはさらに暴力的になっていた。モーリンさんは長年隠していたこの件をついに同僚に打ち明けた。その結果、福祉事務所の助けでモーリンさんは一人暮らしをすることになる。

モーリンさんの傷は深く、今までの辛い経験を紛らわせるためにアルコールに溺れ、17歳から結婚離婚を繰り返してきた。「10代後半は荒れていたわね」とモーリンさんは振り返る。

モーリンさんはその後、人生を前向きに生きようと努力した。しかし幸せな母になったにもかかわらず、30代後半から性的虐待の悪夢に悩まされるようになったという。そこでモーリンさんは、性的暴力や近親相姦の被害を受けた人々のカウンセリングを行う「SAIVE」に連絡を取った。「悪夢から逃れるためには、正義の追及と法の裁きが必要だと気づいたのです」とモーリンさんは語る。

■下される裁き

虐待がはじまったのは29年も前だった。モーリンさんは検察庁から、これを事件化する唯一の方法は、死亡した乳児のDNAを調べることだと告げられた。そしてクリストファーの遺体が墓地から掘り起こされることになった。調査機関からは遺体が古すぎて、DNA採取が可能かどうかわからないといわれていたが、採取と検査は無事に行われた。その結果、乳児の父親はモーリンさんの兄であることが判明する。そしてそれは、モーリンさんの訴えが真実であることを意味した。

――2011年、それらの証拠により継父、母親、兄は逮捕された。そして継父は16年、母親は9年、兄は2年の懲役刑を言い渡された。

rapedeight2.JPG
継父のジョン(左)と母親(右) 「Daily Mail」より

モーリンさんは家族からレイプされていたことを公にし、裁判で証言するのは本当に辛かったという。これを耐え抜いた彼女の心の支えは、1つの疑問への答えを知ることと、謝罪の言葉を彼らの口から直接聞くことだったと話す。モーリンさんは「私がどうしても母に聞きたかったのは『なぜ、こんなことを私にしたの?』ということです」と語る。しかし兄のジョンは裁判中、謝罪の言葉を口にしたが、継父と母親は一度も謝罪を口にしなかった。

モーリンさんは自分の顔と本名を隠さずにメディアに出るという大変勇気のいる選択をした。それは自分の過酷な経験を語ることで、このような被害に遭う子どもを一人でも減らしたいと願うからだ。表に出にくい家庭内の性的虐待だがモーリンさんがそうであったように、加害者が正当な裁きを受けない限り、被害者の自尊心や心の平安が取り戻されることは決してない。

↡↡↡↡↡↡↡↡↡↡
記事続きを表示させるには
下記ボタン全てにチェックをしてから
下へスクロールしてね
☝☝☝☝☝☝☝☝☝☝

------------------------------------
------------------------------------



また最下段には
♡スケベなエッチな♡
投稿沢山あります♡
パコりまくりです(笑)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿